新商品入荷 INDEXへ戻る

沖縄野菜類
 《沖縄野菜》

島らっきょう 生産地 沖縄 沖縄の人には、必需品です。浅漬けや天ぷら、炒め物など、さまざまな料理になって食卓に並びます。本土のらっきょうに比べて、辛味やにおいが少ないのが特徴です。天ぷらや炒め物、味噌をつけてまるかじりなどでご賞味下さい。  
販売期間 通年
商品規格 70g、500g
商品ロット 1p/c

ナーベラー
(へちま)
生産地 沖縄 ゆわれは、大きく熟したものをへちまたわしにも使っており、「鍋洗い」→なべあらい→なべあらーと変化したものと言われております。若い実を収穫し、味噌煮や炒め物にして食されています。皮を取り除いて、中身を食べます。熱を通すと水分が多く出て来るため、通常、あまり水を使わず調理します。味はほんのりと甘みのあるトロッとした食感です。  
販売期間 通年
商品規格 ※要予約
商品ロット 1個

青パパイア 生産地 沖縄 沖縄では、パパイヤを食べると、母乳の出がよくなるという事から、肉汁等の実として、出産後の方々が良く食してきました。煮ると大根のような食感があり、生で食する場合は、少々辛めのドレッシングが合います。炒め物にも良く合います。  
販売期間 通年
商品規格  
商品ロット 1個

島とうがらし 生産地 沖縄 こぶりの癖にかなり辛いくせ者です。カプサイシンと呼ばれる成分が含まれており、神経末端を刺激し、血管を拡張して血液の循環をよくします。また、脂肪を燃焼させる効能もあり、ダイエットにも効果があると考えられます。  
販売期間 ~8月下旬
商品規格 50g※要予約
商品ロット 1p/c

ハラペーニョ 生産地 沖縄 メキシコ原産で、メキシコ料理には欠かせない、円錐形で肉厚、濃い緑色が特徴なマイルドな辛味の唐辛子です。数あるメキシコの唐辛子のなかでも代表的な品種です。
販売期間 ~8月下旬
商品規格  
商品ロット 1p/c

シークヮーサー 生産地 沖縄 全国的にも有名な長寿日本一の村として知られている沖縄県大宜味村が主な栽培地。沖縄ではジュースや、ホットティーのレモンの変わりや、刺身、焼き魚にかけたり、酢の物にしたり、醤油と合わせてお鍋のポン酢の代わりに使用されています。
販売期間 ~8月下旬
商品規格  
商品ロット 1p/c

おおたにわたり
(大谷渡)

生産地   南方に分布するシダ植物の1種です。観葉植物の鉢植えとしてよく見かけますが、石垣島では古くから「山菜」として親しまれており、新芽のやわらかい部分を食べます。クセがなく、シャキシャキとした歯ごたえがあるのが特徴で、石垣島では居酒屋の定番メニューにもなっています。特に、天ぷらやバター炒めは簡単に美味しく食べられ、おすすめです。
販売期間  
商品規格  
商品ロット  

島オクラ(丸オクラ)

生産地 沖縄 代表的な五稜形のオクラに比べ、産毛も少なく、ねばりも強く甘みもあり、青臭さもないので生でもおいしく食べられます。糖質が多く、独特の粘りには整腸作用があり、血糖値の急上昇を押さえ糖尿病の予防にも効果的です。
販売期間 ~10月上旬
商品規格 100g
商品ロット 1p/c


宮古ぜんまい

生産地   宮古島でしか採取できない為希少な食材の一つです。ぜんまいは本来あくが強いのですが、宮古ぜんまいはアクがほとんどなくアク抜きしなくても食べれます。シャキッとした食感ですので天ぷらや、お浸し、胡麻和えにして食べると最高です。栽培方法が確立されておらず宮古島の山に自生するものを捜し、全て手摘みで取っているということから入手が非常に困難です。幻の山菜ですね!
販売期間  
商品規格  
商品ロット  

四角豆
(ウリズン、ウイングビーンズ)
生産地 沖縄 不思議な形で、断面の形状がおもしろく、おもちゃの人型のブロックの様です。あっさりとしてほんの少しの苦味がマヨネーズとよく合います。  
販売期間 ~9月中旬
商品規格 100g
商品ロット 1p/c

赤おくら 生産地 沖縄 莢の色が紫紅色をした5角の赤オクラで生食用として彩りが良く、熱を加えると深緑色に変化します。  
販売期間 ~10月上旬
商品規格  
商品ロット 1p/c